以前の私は、薄着の季節になるとバストに自信がなくて、露出の高い服を着ることができませんでした。
そんな私が今では、露出の高い服を自信を持って着ることができるようになりました。
私がバストアップのために行ったことは、食事を改善することでした。
バストアップに効果がある食べ物を効果的に摂取することで、高いサプリメント等を買わなくてもバストアップすることができたのです。
バストアップ効果が高い成分を調べたところ、「大豆イソフラボン」、「ざくろ」という名前を多く目にしました。
これは実際にお店で売っていた豊胸サプリの商品の裏側にも成分として記載されていたことから、バストアップに効果があると確信したのです。
この大豆イソフラボンと、ざくろに共通していると感じたのは、「女性ホルモンの分泌を活発にする作用がある」ということでした。

 

女性ホルモンを刺激して、その分泌を活発にしてあげることができれば、食事だけでバストアップも可能だと思いました。

 

食品から摂取するのであれば、副作用等の心配も減って安心だとも感じ、この大豆イソフラボンとざくろを毎日の食費に取り入れることにしたのです。
しかし過剰摂取は禁物ですし、何よりも規則正しく、バランスが取れた食事内容が根本になくてはいけないので、バストアップに効果がある栄養素を詳しく調べました。
女性ホルモンを活性化することで有名なビタミンEが多く含まれているのは、アボガドです。
ビタミンEはアンチエイジング対策でも関心が集まっている重要な栄養素です。デリケートゾーン黒ずみ

 

血行を良くしてくれる働きがありますので、女性ホルモンの活性化にも大いに役立ちます。
アンチエイジング対策とバストアップは切っても切れない関係にあります。
お肌のたるみは年齢が増すにつれて進行してきて、これはバストも例外ではないからです。

 

バストアップサプリとビタミンEを摂ることで、顔のお肌のみならず、バストにも張りをもたらしてくれるのです。
また、ナッツ類にもビタミンEが豊富に含まれていますが、ナッツは酸化しやすく、酸化した食べ物は身体によくないので、新鮮なものを食べることが重要です。

 

食べ物でバストアップを目指すには、忍耐力が必要です。
食べ物でそんなにすぐに目に見える効果はありませんが、継続して正しい食事をすることで、少しづつ自分が目指すバストになっていきます。
バストアップに効果がある食材を厳選しても、すぐにそれらを止めてしまっては効果はでませんので、規則正しい食事で、バストアップに効果がある栄養素をバランスよく摂取することが重要です。

 

 

笑った時の目元の小じわ

私が加齢とともに気になる部分は目元の小じわです。鏡を見て笑うだけで目尻のあたりの小じわがすごく出ます。通称笑いじわと言われているもので加齢とともに気になるシワの中でもだいたい上位に入ってくるシワです。対策としてはやはり目元を集中的にケアする美容液を使っています。しかしあまり効果はわかりません。刺すヒアルロン酸笑うとどんどん増えるような気がするので、一時期あまり笑わないようにと意識していた時もありました。しかしやはり笑わないというのは無理がありました。そこで次に試したのは入浴後のマッサージです。基礎化粧品を塗りながら目元のシワが伸びるようにひたすら皮膚を引っ張って伸ばしています。1日2日ではどうにも改善しないものだと思っているので、毎日必ず行うように努力しています。高い化粧品を購入すれば解決するかもしれません。しかしこれから先もその高い化粧品を使い続けられるかといえば厳しいと思います。ですからできることをコツコツ続けていくしかないと思っています。いろいろなサイトで小じわに対する解決方法は乗っています。マッサージの仕方なども紹介されています。そういうものを見ながら一番自分に有効な手段を探してくしかないと思っています。

 

冬の乾燥したときの起こるあかぎれ

 若いときは、お肌が綿密で、保湿されていたので、起こらなかったのでしょうか。年をとるにつれて、起こった症状があります。
冬の乾燥した季節に、普段と変わらない手の動かし方で、茶碗やコップなどの食器を洗っていると、突然手の方から、「ちょっとこっちを気にしてください。」と、軽い自己主張の信号が送られます。

 

気になって、視線を手に向けると、なんと肌に裂け目、亀裂が走っているではありませんか。いわゆる、あかぎれです。あかぎれの箇所に水が流れると、染みて少し痛いのです。

 

気づいた時点でのあかぎれは、そんなにひどくはありません。しかし、日が経つにつれて、あかぎれの亀裂が広がっていくのです。そうなると、どんどん痛みが増していきます。日常の普通の動作に少しでも手の動作が関わっていると、思わず、動作をゆっくりにしてしまったり、止めてしまったりして、作業効率が落ちます。手の甲血管 ハンドピュレナクリーム

 

対策としては、薬局で軟膏クリームが売られているので、それを付けて、保湿効果により乾燥を防ぎ、亀裂の拡大や、亀裂に侵入しようとする菌を防ぎます。予防として乾燥し始めた頃からクリームを付け始めればよかったと後悔しました。若いときは、あかぎれなんか起きなかったので、肌が老化してきたのかなと思いました。

更新履歴